TOP画像

過去は未来の肥料

過去の恋は忘れてしまうべきだと考えている人は、世の中には案外多いのではないでしょうか。
出会いから間もない頃は確かに楽しかったはずなのに、別れ方が最悪だと、そうした思い出のすべてが煩わしいものへと変わってしまうことから、「忘れたい」「忘れるべきだ」と考える人が多いのかもしれません。

それだけでなく、新しい出会いがあり、交際へと進んだからには過去の恋人のことは忘れるべきだ、そうすることがいまの恋人に対する礼儀だと考えている人も少なくないからでしょう。
過去の恋人の不貞や不義理については、不愉快なこととして忘れるべきかもしれませんが、恋をしていた時のプラスの感情まで捨ててしまうのはもったいないのではないでしょうか。

なぜなら、それらは自分の未来に生かすことができるものだからです。
ですから、ひと括りに「過去の恋」として捨ててしまったり、忘れようと努力したりするのではなく、分別して、要らない部分、主に過去の恋人のひととなりや行いに関する部分のみ捨ててしまうことをお勧めします。

近年は、スマートフォン用のアプリを利用して恋人を探す人が増えているようですが、そうしたアプリを利用していてもイベントなどで出会う時と同様に、「恋の駆け引き」というものは必要です。
どうすれば上手く行うことができるかといったことは、過去の経験が教えてくれるものなので、「過去の恋は忘れるべき」とは一概に言えないのだということを覚えておいてください。

恋の駆け引きに限らず、恋とは楽しいものであるといった気持ちや、恋人を労わったり思い遣ったりする気持ちは、どの恋にとっても大切なものです。
そうした部分は捨ててしまわないよう気をつけなければなりませんし、そうした過去の経験は未来の恋の肥料になるのだということを心に留めておくことをお勧めします。
「忘れるべき」は相性の悪かった恋人のことだけにして、自分にとってプラスになるだろう感情は大切にとっておきましょう。